MIFUNE THE LAST SAMURAI


e0159176_19370018.jpg
7月に鑑賞

もー、感想文が溜まってます。
頑張ってドンドン(短く)書いてきます。







e0159176_19371969.jpg
ゴールデンコンビ

2年前に作られたドキュメンタリー。
日系三世のスティーヴン・オカザキが監督で、
主に黒澤作品の三船を流しながら、
生い立ちからニューフェイス時代、黒澤コンビ、独立、
そして海外作品出演と、
当時のフィルムや様々な方からのインタビューで構成。

午前十時の〜で「七人の侍」を観た後ということもあり、
ワタシはなかなか面白く拝見。
でも面白かった分、時間が短かったというか、
もっと膨らませたり、
どこかに焦点を絞った方がより良かった感じもありけり。

今やググればだいたいの道筋は分かるので、
これを観て照らし合わせてみるのも一つかもしれない。
ワタシは初めて見る映像と、
当時を知る方々へのインタビューが面白く、
もうお亡くなりになっている昭和の名優達も懐かしく。
女優陣達は、話しながらなんだか乙女になっている。笑
特に、、、司葉子は女の子みたいにキャキャと。
きっと女性にはすごーく優しかったんだろうな。












e0159176_19373730.jpg
こーゆー写真好きだわ〜

海外陣の面々は、
スピちゃんにスコセッシという黒澤三船崇拝者なので、
聴いてるとお尻がムズムズしてくるくらい褒めちぎってね。
まぁ、分からなくもないのですが、、、笑

あちらで撮影されたグラン・プリなんかの映像を見ると、
向こうの人達に引けを取らない堂々とした姿に、
誇らしく思えましたよ。

仕事に関しては撮影時には台本を持ってこないほど、
台詞をしっかり覚えていて、
ノートに綺麗な字でアイディアなんかを書き込んで、
撮影が終わったら片付けや掃除なんかも、
率先してやっていた、、、などなど。
ド真面目?な一面と、
アルコールで人が変わってしまう一面もあり、
その伝説を共演者や当時のスタッフ達が、
懐かしそうに笑いながら語ってくれる。

往年の三船は金銭面や私生活で色々と苦労が多く、
ワイドショーで何度か見た記憶がうっすらとありますよ。
全員集合の少年少女合唱団にも出てたのも覚えてます。
あの頃は昔の俳優さん、、、としか思ってなかったな。

短い時間で早足で駆け抜けた大スターの生涯。
これを機に若い方が三船敏郎の演技を是非見て欲しいものです。
今はCMでもチラっと会える赤ひげ先生は、
黒澤・三船コンビ最後の作品。
人間の尊厳を語る台詞一言一言に胸が熱くなります。
ワタシは椿三十郎が大好きです。
今も時代劇でカッコイイ侍を演じる方はいるけれど、
清潔感あって美しすぎるんですよね。
三船敏郎の侍は、、、映画を見て感じ取ってください。
さよなら、さよなら、さよなら。笑

2018.No31 キノ紫の間にて









by jog-daisuki | 2018-10-22 20:20 | 映画を観よう(ま~わ行) | Comments(0)
<< ハン・ソロ 女と男の観覧車 >>