女と男の観覧車


e0159176_19492778.jpg
これも6月鑑賞








わいはウディ・アレンものは好物なのであるが、
これは始まって数分で疲れてしまったのじゃ。

舞台は1950年代のコニーアイランド。
観覧車が見えるところに住んでいる。
もぉ、そこは遊園地の中じゃないか。
とてもじゃないが寛ぐ空間ではありゃしません。
ガヤガヤしている窓の外、
暑苦しい空気、
そして罵り合う感情的な夫婦。
舞台劇を見ているような長いセリフ。
おまけに101分が長いこと!きぃー

どんどん崩れていくケイト・ウィンスレットは、
見事でした。
このジニーはずっとこんな人生を送っていくだろうな、
と思わせる演技で、救いがない人。
どの人物も、、、

コニーアイランド。
昔、田村正和のニューヨークが舞台のドラマ。
名前はど忘れ音頭ですが、
あれに出演していた淳子桜田が演じていた、
バリバリワーキングガールが、
「私はコニーアイランドへ行くの」と言ってたな。
と、海水浴で賑わう海を見ながら思い出した。
映画を見ながら頭の中で、
ホぉ〜テルはリバーサィッ♪が流れていたのでした。

2018.No30 シネフロにて(ここで上映とは!)



by jog-daisuki | 2018-10-19 19:44 | 映画を観よう(あ~さ行) | Comments(0)
<< MIFUNE THE LAST... モーリス4K >>