エル/ELLE


e0159176_20355261.jpg
怖いもの見たさで、、、

主人公ミシェルの恐るべき本性ってなんだ?







e0159176_20375120.jpg
ミシェル、猫と暮らす

「氷の微笑」のヴァーホーヴェン監督と、
「ピアニスト」のユぺールだから期待したのよ。
始まってほどなく覆面男に襲われるミシェル。
彼女はゲーム会社のCEO、バツイチで猫と高級住宅住まい。
突然自宅に覆面男が押し入って、
そこの場面や他にもチョコチョコ驚かせる演出に、
ビクッと心臓が飛び出しそうになったわよ〜。

いやー、どうなの、どうなの。
結論から言えば、、、
かなり期待しすぎました。











e0159176_20380674.jpg
ユぺールはエレガントで素敵です

父親と少女時代、母親の現在の生活、
元夫、同僚の夫、お向えさん、会社の有能若手社員、
息子の結婚と妻の妊娠、、、
一見成功している彼女の周りは、問題だらけ。
そーゆーのを2時間11分も見せられるの。

おフランスについては、余りよく分かりませんが、
ミシェルが暮らす家?アパートメント?が、
玄関ドアがガラス張りで、中が丸見えで不安だわ〜。
ガラスだから割られて強盗なんて簡単そうだし。
窓にカーテンなどない。
それは外国ではお馴染みでカッコイイです。
日本は照明ランランと点けてしまうけど、
あちらは必要な所だけの灯りだし。
車の路駐はあったり前なんですねぇ。
ドアロックしてないように見えましたが、どうなんでしょ。

「ピアニスト」のユペールを見てしまったら、
あれ以上の恐るべき本性は今回は見られなかった。
暴行されて平然と日常を過ごしているということより、
周りの人達が余りにも残念で、
淀んだ運気が自然と彼女について回ってるような。。。

2017.No30 シアターキノ 赤の間にて








by jog-daisuki | 2017-09-14 21:05 | 映画を観よう(あ~さ行) | Comments(0)
<< 映画の後 映画の前 >>