<   2017年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ブリジット・ジョーンズの日記3


e0159176_20302856.jpg
サブタイトル:ダメな私の最後のモテ期

2作目から11年ぶりのブリットが昨年公開。
オープニングから1人誕生日&All by myself♪が流れて、
同じパターンなの?と思いつつ、
ワーキングタイトルの文字が出るとワクワクしてしまう。

ブリジット、年取った!
いいのよ、それが普通なんだから。
でも43歳(役柄)で音楽祭でのハメ外しは無理だ〜。笑
無理だ〜と言いつつも、
この手の映画は楽しく見るべし。

コリンは年齢と共に英国臭プンプンのスマートさ。
若い頃は全く好きじゃなかったですが、
「ラブ・アクチュアリー」でやられましたの。
「キングスマン」の続編も楽しみです。

ヒュー様は・・・結局あの写真がカッコ良くて綺麗なまま。
最後はズコーンと仰け反りつつ、もしや続編?なんてね。笑

リッチな社長で登場のデンプシーも年取ったなぁ。
「魔法にかけられて」や「近距離恋愛」の彼じゃない。
でもいい人でした。まる!

後半に1作目の懐かしいショットが入ってね、
あのセーターでクリックリな前髪のコリンや、
丸々で太ったブリジットが可愛くて。
監督は1作目のシャロンさんなんですね。
エマ・トンプソンが脚本に参加されて、
さらにスッキリと綺麗になられて、Dr役でした。

なんだかんだと最後は温かな気持ちになるので、
やっぱりワーキングタイトルの作品とコリンの品に、
いつもワタシは、やられてしまうのでした。

2017.No23 DVDにて



by jog-daisuki | 2017-06-29 20:48 | 映画を観よう(た~は行) | Comments(0)

マネーモンスター


e0159176_21243590.jpg
監督はジョディ・フォスター

ジョージ・クルーニーは製作にも参加。
1本2000万ドルとも言われている出演料のジュリア・ロバーツ。
ビックネームが連なることも観たくなった理由。
サクッと99分で1日の出来事が流れていきます。

どんな結末になるのか?
株取引の裏のからくり。
そのシステムを作る異国人。
的確で素早い判断のディレクター。
いざとなればハッカーの助けも借りるよ。笑
視聴者達の熱い気持ちが株価上昇になるのか?
あの絶妙なタイミング、笑った。
カイルの最後はやっぱりそうだよね、、、と
シンミリしてしまいました。
何処からか、彼に同情。
そんなシンミリさは、2人で食べる金曜の夕食シーン、
なかなかお似合いなオスカー俳優でビシっ!と。

男性陣がどうもダメ男ですね。
それに対して女性陣の見ごたえのあること。
司会にはディレクター。
籠城犯には妊娠中の恋人。
アイビス社の社長には広報の愛人。
どの女性陣も強くて賢い。










e0159176_21492640.jpg
カトリーナ・バルフが素敵でした

ジュリアもね、今回のような役は良いですね。
大きな口で笑うことなく、良かったですよ。

2017.No22 DVDにて





by jog-daisuki | 2017-06-28 21:52 | 映画を観よう(ま~わ行) | Comments(0)

6月の洞爺湖


札幌出張からいっそいで帰国。
なぜならば、
ハルカメちゃんが来てるから。

高校最後の陸上全道大会も終わり、
ホッと一息、開校記念日で休みになった日。

モリモリ大きくなって、
ガッツリ日焼けしてるけど、
笑顔は赤ちゃんだったあの頃と同じだよ。




帰ったら大の字で寝ていたが、、、
by jog-daisuki | 2017-06-27 23:10 | 美味しいもの探訪 | Comments(0)

6月2度目の札幌出張③


藤井4段の勝負がまだつきませんが、
そろそろずぶんの目が白目になってきました。
ねむいです。
結果は明朝のニュースで見る事とします。



それはそれとして
by jog-daisuki | 2017-06-26 21:33 | オムラー memo | Comments(0)

6月2度目の札幌出張②


今日はサロマ湖100kmウルトラマラソンでした。
土砂降りの中スタート。
寒かったでしょう、皆様お疲れさまでした。
職場のDr.も参戦してます。
さすがに明日は有給休暇のようす。笑
(利尻島50kmの翌日は仕事してたのですが)
来年は出ましょう!と言われております。
ご、ご、ごじょ〜だんを!!!
そんな気持ちと裏腹に、ワタシの返した言葉は、
「泊まるところあるんですか?」

・・・来年のことは神さえも分からないでしょう。






それはそれとして
by jog-daisuki | 2017-06-25 21:27 | 珈琲を巡る冒険 | Comments(2)

6月2度目の札幌出張①


今日は朝ランしてからの洞爺湖まで接待ドライブ。
疲れた〜。

走った距離をジョギングシュミレーターで測ってましたが、
本日スマホをポケットに入れて走りました。
ヘルスなんちゃらというので10.5kmと出てました。
自分の中では10km走った感じがないので、
いつものようにジョギングシュミでも測ってみたら、
こちらでは9.7km
なんざんしょ、この差は。
どちらを信用したらよいものか、、、悩む。





やっぱりガーミンかな〜?
by jog-daisuki | 2017-06-24 21:27 | 珈琲を巡る冒険 | Comments(0)

知りすぎていた男


e0159176_20464120.jpg
これも前に録画してたもの

最近少し自分の時間が持てるようになり、
溜めていた録画映画を観ているのですが、
いざ観ようとするとそんなに観たかった訳じゃなく、
とりあえず、、、的な作品が多いのがなんだかな。

ヒッチ先生の「暗殺者の家」のリメーク。
観てなかったと思っていると、
あれ、このシーン知ってるわとか、
この後はあーでしょ?とか、
やっぱりかなり昔に観ていましたね、これ。

ドリス・デイの「ケ・セラ・セラ」がこの作品の歌とは、
改めて知りました。
ジェームズ・スチュワートののぼ〜っとした風貌が、
だんだん阿部ちゃんと重なって見えたり、笑
1人でバタバタしてる旦那より、
最初から冷静だった妻の活躍がとても大きい。
ラストは一瞬、間を置いて爆笑してしまいました。
あんな終わり方、傑作!

ヒッチ先生のカメオ出演シーンは分からなかった為、
2回観ました。苦笑
で、2回目はかな〜りたいくつで、、、苦笑その2

ドリス・デイの大使館でのケ・セラ・セラ。
もぉ泣きそうになりました。
ジェームズ・スチュワートに至っては少しコメディ色かな?
前半はハラハラしましたが、
彼のバタバタぶりで観てて疲れました。
シンバルまでも長かった〜。

2017.No21 BS録画にて





by jog-daisuki | 2017-06-22 21:00 | 映画を観よう(あ~さ行) | Comments(0)

サンドラの週末


e0159176_21102519.jpg
TV放送を録画してました。
金曜日に自分の解雇を知り、
ボーナスかサンドラ在籍かの無記名投票のため、
同僚宅へお願い行脚の週末。

精神的に弱っているサンドラを励ます友人。
一緒に戦い優しく寄り添う夫。
味方になってくれる者。
門前払いする者。
家族が争ったり、離婚したり。
賛同してくれる気持ちも同情されてるだけと、
落ち込んでいくサンドラ。
ついには自分達も別れましょうと言い出す。

見ていくうちに苦しくなってくる。
自分の休職中に決まった解雇。
それも同僚達にはボーナスを餌にしていた。
皆が口々にする主任の存在が気になってくる。
どんな人なんだ?

週明け月曜日。
サンドラへの決断と主任の存在が明らかに!笑
社長に呼ばれた時は一瞬救われたが、
結局あのまま残ったとしても、
この社長と主任の下で働いていくことが、
果たして勝ち取ったものと言えるだろうか。
最後のサンドラはやっと身も心も軽くなり、
キラキラ輝いていた。
それがこの週末に自分の手で出した結果なんだ。
貴女は同情じゃなく愛を得ていたのだよ。

ベルギーを代表するダルデンヌ兄弟の作品は、
暗くて苦しくて暗雲とした空から、
最後は細い光が射しこむ話が多い。
どの作品も印象に残り味わい深い。
新作「午後8時の訪問者」も観たくなってしまった。

2017.No20 TV放送より



by jog-daisuki | 2017-06-20 21:30 | 映画を観よう(あ~さ行) | Comments(0)

父の日ギフト


ううう、ついに今夜は「小さな巨人」最終回。
みなさんの顔芸(熱演)も見納め。
さびしいなぁ。




それはそれとして
by jog-daisuki | 2017-06-18 20:50 | 珈琲を巡る冒険 | Comments(0)

6月の札幌出張③


札幌祭りが晴れましたね。
なんだか嬉しいです。

札幌市民になった年に驚いたこと3つ。
1、札幌祭りの6月15日は職場が休みになった。
2、七夕が8月7日だった。
3、寒冷地手当が支給された。

同じ北海道でも七夕が1ヶ月違うのはビックリしたなー、もー。
寒冷地手当なんて昔は石炭手当って言ってたわ。

それはそれとして。
昨日の「ひよっこ」
すずふり亭の料理長がビーフシチューを作ってました。
そこへシャトーキャロットとブロッコリーをのせたんです。
え?
ちょっと違和感を感じたのはずぶんだけでしょ〜か、、、


その違和感は最後に書きます、笑
by jog-daisuki | 2017-06-16 19:57 | 美味しいもの探訪 | Comments(0)