カテゴリ:映画を観よう(あ~さ行)( 77 )

スター・ウォーズ 最後のジェダイ


e0159176_20142039.jpg
見てすぐ感想文書くのも憚れる作品、笑

また見たいですねぇ。




チューバッカと鳥を!
by jog-daisuki | 2018-01-15 20:53 | 映画を観よう(あ~さ行) | Comments(0)

オリエント急行殺人事件


e0159176_19551887.jpg
昨年観た映画





久々のファイファー
by jog-daisuki | 2018-01-10 20:14 | 映画を観よう(あ~さ行) | Comments(0)

人生はシネマティック!


e0159176_21133167.jpg
とってもとっても良かったです!
時間合えばまた見に行こうかな。





映画好きな人は是非!
by jog-daisuki | 2017-12-27 21:15 | 映画を観よう(あ~さ行) | Comments(0)

ギフテッド


e0159176_22170386.jpg
『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督作品





ウェブ監督、やっぱり良かったー
by jog-daisuki | 2017-12-16 22:33 | 映画を観よう(あ~さ行) | Comments(0)

婚約者の友人


e0159176_20495460.jpg
映画感想文を書かねば溜まってきたぞよ!

ワタシがblogを始めたキッカケは映画感想文を書くため。
映画好きな方と繋がりたいなぁと思ってました。
始めの頃は映画を見ながら忘れないように、
暗闇の中、セリフやディテールなどノートに書き留めて、
次にまとめて、翌日感想文を書くというスタイルで、
1本書くのに2〜3日掛かってたわけで、、、
その内、疲れてしまい美味しい物ネタに走り、
時々刺激入れに映画感想文を書くというスタイル。
あ〜、堕落だ〜、映画に失礼だ〜。

このところ観に行った映画がどれも当たり!
笑ったり泣いたり(泣くほうが多かった)
やっぱり映画っていいなー。




それはそれとして
by jog-daisuki | 2017-12-06 21:33 | 映画を観よう(あ~さ行) | Comments(0)

エル/ELLE


e0159176_20355261.jpg
怖いもの見たさで、、、

主人公ミシェルの恐るべき本性ってなんだ?




2時間11分の長尺
by jog-daisuki | 2017-09-14 21:05 | 映画を観よう(あ~さ行) | Comments(0)

セールスマン


e0159176_21124721.jpg
久し振りのキノ赤の間にて

初めから終わりまでアスガー・ファルハディ色。
導入部分に出る物語の伏線。
突如日常に起こる災難。
引っ越しからのサスペンスタッチ。
アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」と、
登場人物達のセリフがその時々の心情に被り、
それは台詞なのかアドリブなのか?

前の住人の開かずの間。
持ち物を動かしてしまう夫。
不注意で開けてしまうドアの動き。
トラックの荷台。
犯人を追い詰めていく夫。

どれもこれも静かに謎と怖さを助長していき、
ラストにアップで映される夫婦それぞれの表情に、
やはり最後は晴れないモヤモヤだけを残していく。

窓にヒビが入り崩れかけ住めなくなったマンション。
それがあの夫婦の行く末に重なった。

2017.No26 キノにて






by jog-daisuki | 2017-07-13 21:32 | 映画を観よう(あ~さ行) | Comments(0)

知りすぎていた男


e0159176_20464120.jpg
これも前に録画してたもの

最近少し自分の時間が持てるようになり、
溜めていた録画映画を観ているのですが、
いざ観ようとするとそんなに観たかった訳じゃなく、
とりあえず、、、的な作品が多いのがなんだかな。

ヒッチ先生の「暗殺者の家」のリメーク。
観てなかったと思っていると、
あれ、このシーン知ってるわとか、
この後はあーでしょ?とか、
やっぱりかなり昔に観ていましたね、これ。

ドリス・デイの「ケ・セラ・セラ」がこの作品の歌とは、
改めて知りました。
ジェームズ・スチュワートののぼ〜っとした風貌が、
だんだん阿部ちゃんと重なって見えたり、笑
1人でバタバタしてる旦那より、
最初から冷静だった妻の活躍がとても大きい。
ラストは一瞬、間を置いて爆笑してしまいました。
あんな終わり方、傑作!

ヒッチ先生のカメオ出演シーンは分からなかった為、
2回観ました。苦笑
で、2回目はかな〜りたいくつで、、、苦笑その2

ドリス・デイの大使館でのケ・セラ・セラ。
もぉ泣きそうになりました。
ジェームズ・スチュワートに至っては少しコメディ色かな?
前半はハラハラしましたが、
彼のバタバタぶりで観てて疲れました。
シンバルまでも長かった〜。

2017.No21 BS録画にて





by jog-daisuki | 2017-06-22 21:00 | 映画を観よう(あ~さ行) | Comments(0)

サンドラの週末


e0159176_21102519.jpg
TV放送を録画してました。
金曜日に自分の解雇を知り、
ボーナスかサンドラ在籍かの無記名投票のため、
同僚宅へお願い行脚の週末。

精神的に弱っているサンドラを励ます友人。
一緒に戦い優しく寄り添う夫。
味方になってくれる者。
門前払いする者。
家族が争ったり、離婚したり。
賛同してくれる気持ちも同情されてるだけと、
落ち込んでいくサンドラ。
ついには自分達も別れましょうと言い出す。

見ていくうちに苦しくなってくる。
自分の休職中に決まった解雇。
それも同僚達にはボーナスを餌にしていた。
皆が口々にする主任の存在が気になってくる。
どんな人なんだ?

週明け月曜日。
サンドラへの決断と主任の存在が明らかに!笑
社長に呼ばれた時は一瞬救われたが、
結局あのまま残ったとしても、
この社長と主任の下で働いていくことが、
果たして勝ち取ったものと言えるだろうか。
最後のサンドラはやっと身も心も軽くなり、
キラキラ輝いていた。
それがこの週末に自分の手で出した結果なんだ。
貴女は同情じゃなく愛を得ていたのだよ。

ベルギーを代表するダルデンヌ兄弟の作品は、
暗くて苦しくて暗雲とした空から、
最後は細い光が射しこむ話が多い。
どの作品も印象に残り味わい深い。
新作「午後8時の訪問者」も観たくなってしまった。

2017.No20 TV放送より



by jog-daisuki | 2017-06-20 21:30 | 映画を観よう(あ~さ行) | Comments(0)

偽りなき者


e0159176_19442972.jpg
かなり以前に録画してました。

マッツのメガネと前髪サラサラが大変ツボでございました。
マッツは保育士ルーカス。
親友テオの娘クララが通っている。
クララはルーカスが大好きなんだけど、
ルーカスは先生だからね、やんわりとね。
でもクララのオンナ心が傷つくのよね。
つい嘘をついてしまったその内容が大変!
ルーカスの人生真っ逆さまに落ちていく。
園長先生は子供を守るフリして幼稚園を守っている。
子供は嘘つかないという前提でルーカス村八分。
職を失い、愛犬殺される、スーパーで暴行。
「それでもボクはやってない」より過酷、1人で戦っている。

嘘ついてしまったクララ役の子の演技がとても上手。
そのときの話を聞き出す大人たちへ向かっての、
あの頷き方なんて演技に思えん、とても自然。
クララ、恐ろしい子(ガラスの仮面風)

息子マルクスや、名付け親のブルーンの存在が救いだ。
ルーカスが嘘をつく時の癖を知っているテオは、
最後は真実を、、、

海外ではこの手の話はとても深刻ですね。
幼い子供と一緒にお風呂に入ることも、
家族だとしても問題みたいですもんね。
マッツのルーカス、切なかった。

2017.No18 BS録画にて



by jog-daisuki | 2017-06-12 20:46 | 映画を観よう(あ~さ行) | Comments(0)