偽りなき者


e0159176_19442972.jpg
かなり以前に録画してました。

マッツのメガネと前髪サラサラが大変ツボでございました。
マッツは保育士ルーカス。
親友テオの娘クララが通っている。
クララはルーカスが大好きなんだけど、
ルーカスは先生だからね、やんわりとね。
でもクララのオンナ心が傷つくのよね。
つい嘘をついてしまったその内容が大変!
ルーカスの人生真っ逆さまに落ちていく。
園長先生は子供を守るフリして幼稚園を守っている。
子供は嘘つかないという前提でルーカス村八分。
職を失い、愛犬殺される、スーパーで暴行。
「それでもボクはやってない」より過酷、1人で戦っている。

嘘ついてしまったクララ役の子の演技がとても上手。
そのときの話を聞き出す大人たちへ向かっての、
あの頷き方なんて演技に思えん、とても自然。
クララ、恐ろしい子(ガラスの仮面風)

息子マルクスや、名付け親のブルーンの存在が救いだ。
ルーカスが嘘をつく時の癖を知っているテオは、
最後は真実を、、、

海外ではこの手の話はとても深刻ですね。
幼い子供と一緒にお風呂に入ることも、
家族だとしても問題みたいですもんね。
マッツのルーカス、切なかった。

2017.No18 BS録画にて



by jog-daisuki | 2017-06-12 20:46 | 映画を観よう(あ~さ行) | Comments(0)
<< ラストキング・オブ・スコットランド 走った後の補食 >>