スミス都へ行く


e0159176_20262510.jpg
2013年に録画してました、、、苦笑

『ステキな金縛り』でこの映画が出てくるんです。
向こうの世界から来た男こと、小日向文世が時間潰しに見ていた。
面白かったらしい。笑
もちろんタイトルは知っていたが未観だったワタシは、
いつか見るんだ!と思い何年経ったか・・・?

BS3で放送になったのを録画して、
やっと4年経って見ているあたり、
いつかとは、そ〜と〜長くかかるものだ。








e0159176_20264477.jpg
ひょんなことで上院議員になったスミス

初めてワシントンD.C.へ着いて目にしたドーム!
少年のまま、スミスはリンカーンの白い銅像の前へ。
必死に探す秘書。
なに食わぬ顔で事務所へやってくるスミス。
あ〜、ワタシもリンカーン記念堂へ行ってみたくなった。












e0159176_20270188.jpg
ここのセリフは記しておきましょう

自由はこの上なく貴重なものだ
毎日その価値をかみしめるべきだ
〝僕は自由に考え話すことができる″と
それは先祖が苦心して獲得したものだ
忘れてはいけない










e0159176_20272010.jpg
スミス氏のサポーターはボーイスカウトたち

一般人も30分毎に交代で拝聴できる議会。
今もそうなのかな?









e0159176_20275302.jpg
スミスの支持者達からの手紙の山

大層困難な法案作成にとりかかるのです。
ここでサンダース秘書は彼への考え方が変わります。
子守から彼女もサポーターへ。









e0159176_20282327.jpg
政治とは、裏でお金がうごめいているのです










e0159176_20283967.jpg
スミスと彼の法案を潰すために新聞社へ圧力

議員を大金で操る黒幕は地元の有力者。
誰のお陰で今の地位があると思ってるんだ!で、
ペイン上院議員も言いなり。
親のように信頼していたペインに打ちのめされるのか?









e0159176_20290061.jpg
ひそかに議長がいい味出してますね










e0159176_20291756.jpg
昔の女優は本当に品があって綺麗なのよ

ジェームズ・スチュワートといえば、
『裏窓』が初めての出会いです。
次に会ったのは『素晴らしき哉、人生』
そして『めまい』
191cmの長身でスラッとして、
正義感があるんだけど、どこか頼りなげな。
困った顔は濡れた子犬のような。笑
裏窓ではずっと車椅子に座っていたので、
191cmもあるなんてビックリでした。
ちなみに阿部ちゃんは192cmあるそう!(公式には189cm)

それはそれとして、
政治の世界は昔も今も同じようなカラクリの中にあるんだなぁ。
報道されない水面下で多くのコネクションが動いている。
この映画に出てくるように、
市民はマスコミの言葉を信じてしまう。
それが真実だと思うから。
最後は、、、ねぇ〜、なんだかスッキリしませんでした。
ペイン議員なりの正義を貫いたのだと思いますが、
ダークサイドに堕ちてしまった罪はとても大きいです。
子供達の素直な気持ちが救いでした。

さて次は『桃色の店』を見るぞー!
ユー・ガット・メールはこれのリメイク。

 2017.No16 BS3録画にて













by jog-daisuki | 2017-05-11 21:07 | 映画を観よう(あ~さ行) | Comments(0)
<< こいのぼりマラソン 資料館 >>