3月のグリ

e0159176_20522681.jpg

4ヶ月ぶりのGRIS

今回の札幌出張(ずぶんメンテナンス)の晩餐会を、
是非こちらで!とリクエスト。
なぜなら、きなこさんも佐間子さんも、
ひとりグリを楽しんでるもんだから、
その報告書を見る度に腹の虫が鳴って鳴って。

さて、春の献立はどんなかな?





e0159176_20575532.jpg

今回も個室。





e0159176_20585821.jpg

メニューには季節の食材が並ぶ。
どれもこれも美味しそうで想像力を掻き立てられる。
「全部食べるよね」
それを念頭に、あとは食べられなかったり、ダブってる食材を外し、
今回も思い残しのないようなオーダー。





e0159176_214827.jpg

飲み物はウーロン茶。
トップバッターは、クレソンとアーモンドのサラダ。

もりもりに盛り付けられたクレソン。
ほろ苦さとドレッシングがピッタリ。





e0159176_2161712.jpg

うどとフルーツトマトと日向夏のサラダ。
佐間子さん、うどがNGなため抜いてくれて、代わりにカブが入っている。
食べながら、おいひぃ〜の連続。





e0159176_2185621.jpg

今日の春巻き。
・・・なんだっけ?笑





e0159176_2195687.jpg

豚肉と?あ〜忘れてしまった。
グリの春巻きは皮がパリッパリ。
他で同じような食感は食べたことがない。





e0159176_21112939.jpg

グリの焼売。
むっちむちで肉汁じゅわ〜。
口の中、火傷するぜ。





e0159176_21121431.jpg

ホタルイカの天プラ。
イカは好きなので行ける!と思ったのだが、
ゴロがダメだった・・・やはり磯臭いのが・・・





e0159176_21142094.jpg

鶏だんごの甘酢あん。
イカのゴロで落ち込んだワタシを救ってくれた鶏肉さま。
澄んだ甘酢あんが上品。
京都で食べた味を再現しているとのこと。
その話を伺ってるうちに、、、そうだ、京都行こう!
そんな気持ちがフツフツと。
脳内みゅ〜じっくは、マイフェーバリットスィングス♪





e0159176_21174655.jpg

ヤリイカとプチヴェール ゆり根の春炒め。
色が綺麗で味も清潔。笑





e0159176_21195256.jpg

新冠産三元豚の雲白肉。
豚肉は脂身が多かったけれど、ちっとーも重くない。
木耳や蕎麦の実の食感が楽しめるソースが美味しかった。





e0159176_21231256.jpg

サクラマスのソテー。
黒い器(お盆?)に盛り付けることで、マスの色が映える。
これ、、、おにぎりの具にして欲しかったよ。笑





e0159176_21252665.jpg

滝川産合鴨ロース肉の炙り。
うひゃ、合鴨美味しかった。
タケノコ、柔らかくて甘い。





e0159176_2127122.jpg

ある意味、グリのメインディッシュ。





e0159176_21274587.jpg

菜の花のせいろご飯。
ううう〜、春の野菜はほろ苦いね。
それが眠っていた細胞を起こしてくれるわけだが、
季節のものを戴ける幸せ噛みしめて。






e0159176_21294282.jpg

豚チャーシューのせいろご飯。
ぎやー!チャーシューが美味しすぎるったら!
この味がご飯に染みている。

どちらのご飯もその特徴が味わえるのだが、
肉食としては豚チャーシューに軍配。





e0159176_2132105.jpg

デザートは、いちごとブルーチーズのミルフィーユ。
ミルフィーユがなんともいい味。
美味しい、美味しいのオンパレードであるが、
ここで、コーヒー飲みたいよ〜ぉ。

以上11品。






e0159176_21344266.jpg

1周年のお祝いがエントランスを飾る。
えー、まだ1年なんだね。
もうしっかりグリの味が身に染み込んでいるよ。





e0159176_2136934.jpg

この日も満員御礼で賑わっていた。
忙しいだろうにキリキリしなく、いつもエレガントなおもてなし。
ワタシの様々な思い込みも解決でき、お腹一杯で頭スッキリ。笑
ゲラゲラ笑いすぎて、個室でよかった。
またお付き合いください。
by jog-daisuki | 2015-03-29 21:00 | 美味しいもの探訪 | Comments(0)
<< 大人のパルフェ チョコの処方箋③ >>